76921243_660074077856056_466376204591982

This project started in 2019 before Corona was raging worldwide. I send small copper plates to artists around the world, ask them to bury it in a familiar place, and then dig it up a few months later and send  it back. They are then printed as copperplate prints. The artwork is created with the story of the person who buried it.
Due to the covid-19, the project was delayed significantly, but eventually 49 plates were buried. Some were lost in the soil, some were lost in the mail, and some were lost in the fire, but in the end, 43 copper plates were returned and printed.

この銅版プロジェクトは、コロナ禍がまだ世界に拡大する前、2019年秋より開始されました。小さな銅版を世界のアーティストに送り、それを身近な場所に埋め、数ヶ月後、その銅版を掘り出して返送してもらうよう依頼しました。銅版はプレス機によって刷られ、彼らが埋めた場所の物語とともに作品となります。コロナの蔓延により、計画は大幅に遅れましたが、49枚の銅版が埋められました。土の中で消えてしまったもの、郵送途中で紛失されたもの、火災で消失したものなどもありましたが、現在43枚の銅版が戻り、プリントされています。

 
7Claire.jpg
IMG_20200324_084311のコピー.jpg

​→ Why Copper plate?

It is said that American Indians believe that everything that happens to the place around them happens to "me. In other words, "pieces of me" exist in the soil, water, and air of the place where we live, and moreover, the memories and time of the place that lead to me exist in various forms.

Soil and water contain various fragments of life, and by burying a copper plate in them, the copper reacts with the essence of nature and leaves a vague pattern. The main purpose of this project is to print out these signs.

 

アメリカンインディアンは、自身の身の回りの場所に起きたことはすべて「私」に起きたことだと考えるのとも言われています。つまり、私達が暮らしている場所の土や水、空気の中にも「私の欠片」は存在しており、さらに言えば私につながるその土地の記憶や時間も、様々な形で存在していると言えます。

土や水の中には、多様な生命の欠片が含まれており、その中に銅の板を埋めることで、銅は自然のエッセンスと反応してぼんやりとした模様を残します。その気配を刷りとるというのが、このプロジェクトの主旨です。

Information

作品 2017年9月Joigny 展覧会 - 1 / 1.jpeg

Izoomi Momose